HOME>米づくり

米づくり

米づくり2014/11/17

【土壌消毒】
§土壌消毒 今まで土壌消毒は農薬か熱水または米ヌカをまいてシートをかけておこなう方法をとってきましたが
これより簡単にしかも安くできる方法をご紹介します
米ヌカ200KgにナンラAGを20Kgまぜます
1日たってから畑10アールに散布して浅く耕します
4~5日たつと米ヌカが醗酵し乳酸菌ができて、土の中の害虫・病原菌を消毒してくれます
醗酵したらすぐ種まき、苗植えができます。年2回行います
肥料は窒素肥料を少なめにできます
安全でしかも安く消毒ができ、連作が期待できます。
是非お試しください【米づくり】
§水田の作業 ・水田の雑草は刈らないで5cm~8cmになるまで待ってください
・5cm~8cmになったら代かきをして下さい
・ナンラAGを14~20Kg、米ヌカを140Kg~200Kgを前の日に
まぜ置き、10アールに散布してください。その後代かきをもう一度してください
§苗作り ・水1リットルに重曹50g、クエン酸30g、ナンラAG10gをとかし、
この中に種を入れかきまぜます。30分後上に浮いた種は捨て、下に沈んだ種
をとり、水をきり冷蔵庫に1日入れてから取り出し使用する。冷害に強い稲になる
・苗床の土20Kgに米ヌカ500g、ナンラAG50gをまぜて4日~5日
たってから使用する苗床の箱は重曹を水にとかしよく洗って乾燥させる
§2回の代かきのあと ・水田の表面がでこぼこの状態で田植えをする
・空気がよく入って稲の根のはりがよくなり風によって強い稲になる
§雑草対策 ・ナンラAGを散布しているので雑草が夏前まで生えにくい
・夏に少し雑草が生えてきたらナンラAGを粒のまま10アールに20Kg散布
すると雑草がはえにくい
§収穫 ・1つの稲に270~320粒ついて大変おいしい米が期待できる

ページの先頭に戻る